これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

01/05
2015

Exif_JPEG_PICTURE

先取りシナジー効果の到来

祝! 先取り19年!

何が19年かというと、私が主催する
年1回の経営者たちと行く海外研修ツアーのこと。

様々な国や地域を実際に訪問し、
日本だけでは得られない、
社会システムやビジネスを「先取り」して、
見て・聞いて・体験しているのだ。

もちろん、海外研修で得た情報の中には
すぐ役に立つ情報も多いが、
それ以上に重視しているのは、
「先取り」としての情報だ。

これらを知ることで、目先だけでない、
俯瞰的視点でビジネスを捉えることができるのだ。

そういえば最近、様々な経営者たちとの会話の中で、
海外研修で経験したことを話すことが多くなっていた。
というのも、これまでの海外研修で得た情報が、
今のビジネスにいろいろな角度で役に立っているからだ。

例えば、廃棄物のリサイクルや処理事業を行っている
石坂産業株式会社の石坂典子社長とお会いした時のこと。

そこで私が話題に上げたのが、
10年前に海外研修で視察した
ドイツのBMW(ビー・エム・ダブリュー株式会社)
のリサイクル工場の話。

車の解体過程で取り外された
高価値部品を再利用するシステムや、
現場の工程についての話は、
石坂社長にも興味を持ってもらうことができた。

また、石坂産業では
ビオトープ(生物生息空間)に取り組んでおり、
そこで得た発見や知識を、
豊かな自然環境を持続させるための
学習塾「くぬぎの森環境塾」の活動にも活かしている。

このビオトープも、当時のドイツ研修で訪れた小学校で、
すでに目にしていた。

いや~、やっぱり先に見て
体験しているということは意味がある。

他にも、4年ほど前にイタリアで体験したものの中に
“アグリツーリズム”がある。

ビジ達でも紹介した、レストラン「カルミネ」の
イタリア人オーナーシェフのカルミネ・コッツォリーノ氏。

カルミネ氏は、料理人として日本で約40年活躍してきたが、
次なるテーマは、日本人のための農業体験プロジェクト
「アグリツーリズム」なのだ。

私が実際にアグリツーリズムを体験していたこともあり、
カルミネ氏に協力できる展開となったのだ。

このように、過去19年の間に海外研修で
「先取り」として得た情報が、
これから求められるビジネスに活かされようとしているのだ。

また、これらの情報はただ知識として知っているのではなく、
実際に現地に足を運んで、見て・聞いて・体験している。
そのため、自身の経験としての厚みを持った情報として
発信・共有することができ、
より高い相乗効果を生み出すことにつながるのだ。

ちなみに、今年の海外研修は、
先にも紹介したカルミネ氏が、
イタリアでスタートしたという
「アグリツーリズム」を体験するツアーだ。
フィレンツェ郊外に体験用の施設があることもあり、
イタリアの歴史と文化も同時に体験できる企画となっている。
そして、この経験は必ず「先取り」として、
その先の日本の社会やビジネスに活用できること間違いないだろう。

今年は、その後に相乗効果をもたらせてくれる
“先取り”を実践してみてはいかがだろうか。

syn (1)

クレイジングファームで農業体験!

syn (2)

広大な自然を体感!

Exif_JPEG_PICTURE

イタリア流“食”ビジネスとは?

Exif_JPEG_PICTURE

情報も味も二度美味しい!

syn

syn2

syn3

ページTOPへ