これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

01/19
2015

syn

JIRYUついに500号

WEBサイトやメルマガなどで発信していた
時流キーワード“JIRYU”が、ついに500号を達成!

基本的に週1回(7つのキーワードを紹介)
配信しているので、
約10年続けていることになる(ビジ達は約12年だ)。

昨年から「時流ウム」としてリニューアルスタートし、
星空に浮かぶ時流キーワードをクリックすると
その内容を確認することができるようになっている。

さて、ここで
「なぜここまで“時流”にこだわっているのか」
と思う人もいるかもしれない。
それは、今後の時代の流れを読むためには、
時流が欠かせないからだ。

というのも、一つ一つの時流キーワードは、
ある商品や現象、時代の流行の象徴や
人を紹介している“点”のようなもの。

しかし、それら“点”をつなげて“線”にし、
さらに束ねて“面”として物事を見ると、
今の時代の流れを捉えることができ、
今後の展開も予測することができるのだ。

さて、私が時流に
注目することになったのは、
約20年ほど前のこと。

当時の私が出した考え方に
「三つ子の魂 百までライフスタイル」
というものがある。

周知のとおり「三つ子の魂百まで」という諺は、
人は3歳ごろまでに受けた教育によって形成した
性質・性格は100歳になってもその根底は
変わらないという意味だ。

だが、私の解釈・捉え方は少し違う。
小・中・高時代などの多感な時期に
体験したことや夢中になったものは、
習慣や価値観としてその後の人生に作用し、
その人の行動に大きく影響するというものだ。

それを如実に現している事例がある。
それが、最近注目されている「大人のお菓子」だ。

これは子どもに人気の
「キットカット」や「トッポ」など、
既存のお菓子を大人向けに味付けし、
パッケージを変えたお菓子のこと。

かなり多くの人気お菓子ブランドが、
大人向けに販売されているという。
これらのお菓子を
小さい頃に食べていた世代(30~40代)は、
懐かしさや“大人の”という言葉に惹かれて
ついつい買ってしまうのだ。

これは、大人になっても
引きずってしまう価値観を利用した、
各メーカーの戦略といえるだろう。

人は小さい頃に流行したモノ・コト、
体験したことによって価値観や
ライフスタイルがつくられていく。

そして、それらをベースに
その後の社会に関わっていくため、
その価値観を反映した現象・流行が生まれるのだ。
まさに、「三つ子の魂 百までライフスタイル」は
時流と密接な関係があるといえるだろう。

このように、時流は様々な角度から
次の世代に相乗効果を持って影響する。

どういうものが流行していた世代が、
どのようなビジネスやお金の使い方をして、
次なる時代をつくるのか。

それらを読み解くことが、
ビジネスチャンスにもつながるだろう。

JIRYUが500号を迎えたように、
私も60歳という節目を迎えたわけだが、
もちろん、600号を目指して
今後も時流を発信し続けるつもりだ!

今後もぜひ「時流ウム」や
メルマガで時流をチェックし、
ビジネスのヒントに役立てていただきたい。
時流ウムはこちら!

syn

時流から全体を俯瞰することが大切!

ページTOPへ