これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

07/04
2016

synmain

シンクロニシティービジネス効果


「シンクロニシティー」という言葉をご存知だろうか。
その意味は、意味ある偶然の一致。
または、同時性や共時性とも言ったりする。

言葉が似ているせいか、なんとなく
「シンクロナイズドスイミング」を思い浮かべる。
あのスポーツは、同時に多様な動きをすることで
美しく見える競技だ。

私はこれまで、「相乗効果」という
言葉を用いてビジネスを解説してきた。
今から23年前の、第1回の
アルファクラブ定例セミナーのテーマは、なんと
「寺は“僧正”で決まる 仕事も“相乗”で決まる」だった。

それほど、当時からビジネスに相乗効果を活かすことが
いかに大切か語ってきたということ。
ところが最近は相乗効果という表現よりも
「シンクロニシティー」が的を
射ているのではないかと考えている。

私は4年間、『Business Lab.』という
ラジオ番組のパーソナリティを務めさせていただき、
番組内では100人を超す経営者や専門家の方々と
お話をさせていただいた。

その番組終了から半年以上経つわけだが、
最近になってこの出会いの重要性をひしひしと感じたのだ。

様々な方々と話せば自分の頭の中を整理することができるし、
ゲストの方の得意分野について学ぶことができる。
なによりも、ラジオをきっかけに人間関係もつくられ、
人的ネットワークも拡大したのだ。

私が創業した株式会社クオーターバックは
プランニングをベースにした制作会社だが、
新たなコンテンツをつくろうと思ったとき、
そういったネットワークが強力な武器となる。

ラジオ番組自体がお金に結びつかなくとも、
本来のビジネスに相乗効果を起こせるのだ。

ほかにも、私が担当している
ニュービジネス協議会のフォーラムでも、
「意味ある偶然の出会い」で様々な方と知り合うことができた。
これこそシンクロニシティー効果なのだ。

さらに例をあげると…私が毎朝行っている路上清掃でのこと。
少し遠くにたばこの吸殻を見つけたとしよう。

たとえ一本の吸殻でも拾いに行くと、
その奥の植え込みにペットボトルや空き缶を
見つけることが多いのだ。

つまり、その場所に移動して視点を変えたことで、
新たな発見につながったということ。
これもシンクロニシティービジネス効果だ。

出会いによってさらなる出会いが引き寄せられ、
新たなビジネスが生まれたり、
既存のビジネスが広がったりする。

または、何かを始めたり、行動に移したことによって、
さらに次のステップに進める。
これこそが、“シンクロニシティービジネス効果”なのだ。

良いビジネスを行うには、必要な要素と言えるだろう。
ビジネスにおいては、
どうやって沢山のものとシンクロさせるか、なのだ!

syn1

ニュービジネス協議会のフォーラムでお話いただいた沖氏は、ビジイノCDにもゲストで出演していただいた。

syn2

視点を変えれば新たな発見につながるかも。

ページTOPへ