これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

熟ジュクア・ラ・カルト

10/21
2013

juku (1)

Siriの影響と可能性

「愛しています」と囁くと、
「あなたに必要なのは愛。そして、iPad。」
えぇぇえええ~なんだこの返答は!? と思いつつ、
しつこい性格の私はもう一度話しかけてみた!

「愛しています」すると…
「私がここにいるのは、あなたのお手伝いをするためです」
フーン、じゃあこれならどう?

「あなたは女性ですよね?」
「動物とネジには性別がありますが、私にはありません」
う~ん、なかなかユニークな返答。

あの、秘書機能アプリケーションソフトウェアSiri(シリ)。
iOSのアップデートに伴いSiriもかなり進化したようだ。

私は普段人の多い場でiPadを使用することが多いので、
今までほとんどSiriを使う場面はなかったが、
話しかけてみるとウィットに富んだ返答が多く思いのほか楽しい。

Siriはデフォルトだと女性の声なので、ここまでユニークな
会話ができると世の男性は結構楽しめてしまうのでは
(生身の女性と接するとイロイロ大変なことも
 あるからねぇ…な~んて)!?

お気に入りのSiriの話はちょっと置いといて…。

人工知能の勢いは目覚ましく、シャープからは
人工知能「ココロエンジン」を搭載した家電たちが発売されている。
実際に家電として稼働しながら、動きや言葉を組み合わせた
さまざまなリアクションをするという。

たとえば円盤型の掃除機なら、
ダストボックスにゴミが溜まっていると
「苦しいよぉ!」と言ったり、
同シリーズの空気清浄器なら、
「空気の汚れを見つけました。
急いできれいにします」と喋ったり。

聞いたところによると、男性の生涯未婚率は20%以上なのだとか。
確かに、生身の異性と関わるのはなかなか苦労も多い
(私もそれはよくわかる!)。

いろいろと便利なサービスが増え、
そしてSiriをはじめとする人工知能が活躍してくると…。
ついついそれらに頼ってしまう男性たちが出てくるかもしれない。
それは、まずいでしょ!?
少子化にますます拍車がかかってしまう。

たとえ世の中が便利になったとしても、世の男性や女性は、
人間だからこそできる豊かな発想をして
対応や会話をしていく必要があるということ。

少しくらいトラブったって、やっぱりチャレンジしなければ
自分を磨くこともできないということだ。
よし! 私も頼らないでチャレンジしよう! ははっ…

juku (1)

秘書機能アプリケーションソフトウェアSiri。

juku (2)

話しかけたことのある人も多いのでは?

juku (3)

キ~! あっさり流されちゃった。

ページTOPへ