これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

熟ジュクア・ラ・カルト

06/02
2014

ara1

「パワーアップ工事中」の裏側

24時間営業のすき家。
近頃、「パワーアップ工事中」なる貼り紙が貼られ、
一時的に閉店している店舗をよく見かける。
パワーアップ工事中と書いてある割には、
工事をしている様子もない…。

インターネットで調べてみると、
人手不足で閉店している模様。
どうやら一番の原因は、近頃登場した
「牛すき鍋定食」にあるようだ。

競合他社に対応できるような
鍋メニューを追求した結果、
手間と材料費のかかる
牛すき鍋定食ができあがった。

そしてコストダウンを求めた結果、
そのしわ寄せは人件費に。

すき家の各店舗では、
24時間営業の中のある時間帯、
1人で注文を受けて接客し、調理もこなす
「ワンオペレーション」なるものがあるという。
インターネット上には、アルバイトスタッフの
悲痛な叫びが書き込まれている。

かたや何かと話題の居酒屋・和民。
年内に約60店舗が閉鎖される予定だという。

そのぶん近隣の店舗に
スタッフを動かして人手不足を
解消することが狙いだ。
これまで1.66人だった正社員を
1.83人にするという。
え~~? 1.83人しか正社員がいない
環境もどうなのだろうか…。

飲食業界は特に競合他社が多い。
すると当然価格競争になり、
加えて新しいメニュー開発の競争も起きてくる。
他社に勝てるようなおいしさを追求したいが、
価格も抑えたい。そう発想していくと、
コストダウンの矛先は人件費に向いていく。

チェーン店にはよくあることだが、
本部の発想でマニュアルをつくり、効率を求める。
そして、競合への対応も
本部の机上の空論でつくられ、
各店舗に展開される。

あくまで本部の論理で展開されるわけだから、
現場はなかなかその通りにはいかないもの。

しわ寄せはどこに行くのか?
それは間違いなく“人”だ。
事実、働くスタッフたちは
過酷な労働環境を強いられ、
お客さまに十分なサービスを
することも難しいだろう。

いろいろな条件を欲張りに
突破しようとしても、そこには無理がある。
目標利益を掲げ、販売目標値を設定し、
コストや人件費を割り出していく。

そして、その机上の空論は結果として
「パワーアップ工事中」を招くことになったのだ。
つまり、“働く人”への思いやりが
どこかに置き去りにされているということ。

私がビジ達でず~~っとその問題を指摘してきた
“経済効率”優先のビジネス。
それがついにカタチとなって
露見してきたのではないだろうか。

やはり継続するビジネスは“人”あってこそ。
効率と利益だけを追求した考えは、
そろそろ見直すタイミングに来ているだろう。

ara1

いつ復活するのやら

ara2

激安価格の裏側には…

ページTOPへ