これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

熟ジュクア・ラ・カルト

07/22
2014

juku (1)

エナジードリンクが増大

疲れたときや、頑張りどきに一役買っている、栄養ドリンク。
昔はユンケルやリポビタンDなどの
指定医薬部外品のものが主流だったが、
最近では「エナジードリンク」と呼ばれるものが
若者たちに支持されているという
(実はこれらはあくまで“清涼飲料水”の仲間なので、
栄養素は少ないのだとか!)。

それはともかく、そんなエナジードリンクが最近、
“増大”している。

どこで増大しているのか、
それは「道端に捨てられている空き缶の数」だ。

毎朝のゴミ拾いでレッドブルの空き缶を拾うこともしばしば。
中にはタバコの吸殻が入っている缶も…。

エナジードリンクは若者にとって
かっこいいイメージがあるそうだが、
ゴミを道端に捨てているようでは
「かっこいい」とは言いがたい(むしろかっこ悪い!)。

また、毎朝いろいろな缶やペットボトルが捨てられているが、
コーヒーの空き缶にタバコの吸殻が
入れられ捨てられていることが多い。

すなわち、喫煙者たちはコーヒーを飲みながら
一服する人が多いことが分かる。
また、道端に缶を捨てるマナー違反の人が多いことも
(このデータ分析は、
私の10年の空き缶拾いの実績から割り出されている)。

そのことはともかく、私が心配しているのは、
若者たちの“品格”の低下。

エナジードリンクも、タバコも、
利用するのは個人の自由だが、
こんなありさまでは品格が疑われてしまう。

いま、2020年の東京五輪開催に向けて、
国内では日本を世界に発信するために
様々な準備が進められている。

そんな中、今後も増加するであろう外国人観光客が、
一番多く触れるのは日常的な日本の様子だ。
だからこそ、日常的な部分から
品格ある日本を世界に発信しなければならないのだが…
(残念だが、この現状のままでは
民度が低いと言わざるをえない)。

私も60近くの年齢になったが、
まだまだ品格ある人間を目指して日々の行動を心がけている。
五輪だけでなく、ビジネスにおいても、
日本を世界に発信するためには、
一人ひとりの“品格”をもっと重要視する必要があるだろう。

まずは身近なところでの“マナー”を守ることから!
そして“美しく、生きる”の実践だ!

juku (1)

“品格”ある発信は、マナーから!

juku (2)

数十メートルの距離で、こんなに!

ページTOPへ