これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

熟ジュクア・ラ・カルト

12/05
2016

jukumain

吸い殻50本でティッシュ交換

中国のパワフルさを伺わせる、こんなニュースが耳に飛び込んできた。

中国のとある街で、路上のたばこの吸い殻を無くすため、
吸い殻50本とティッシュを交換するキャンペーンを行ったそうだ。
すると、500万本以上の吸い殻を回収し、(大盛況!)
何万人もの人々が交換所へ詰め寄せ、
予定よりずっと早くキャンペーンは終わってしまったという。

年間2兆5千億本(!)のたばこが販売されているという中国。
(当然、吸い殻の数もとんでもないことになるねぇ…)
喫煙者は全人口のおよそ22%の3億人で、
たばこの年間販売本数を喫煙者数で割ると、
一人年間8,444本を吸っていることになるとか。
圧倒される数字だが、日本ではどうだろう?

…というのも実は2020年に向け、
どうすれば吸い殻やごみの無い日本をつくれるか、
というテーマについて考えているのだ。

だが、物で釣って何かをやらせるという施策は
その後にいい影響を与えない。
直接的な報酬が無くてもきれいになる流れを
つくらなくては継続しないだろう。
そしてそれには、人間本来のあり方を正すことが必要だと思うのだ。

日本の喫煙者は全人口の19.3%、割合では実は中国と大差ない。
私は毎朝のごみ拾いで、その他たくさんのごみと共に
毎日150~200本の吸い殻を拾っているのだが、
会社のある新宿区及び千代田区周辺のごみ拾いをするなか、
とにかく喫煙者はマナーが悪く、ルール違反もする! と感じるのだ。

都心では、路上での喫煙禁止は当たり前…なのに、
残念ながら、多くの路上喫煙者に出会う。
その状況に出会う度に、日本の民度もまだまだ低いと思ってしまう。
そして、空き缶を拾うと高確率でたばこの吸い殻が入っていて、
つまり缶をポイ捨てする人には喫煙者が多いともいえるのだ。

世の中にはマナー違反する人としない人の2種類の人がいて、
その中間は存在しないと私は思う。
(たまにするという人もマナー違反者だ)

そしてこのようなマナー違反をする人は、ビジネスでも
恐らく正々堂々と勝負しないし、
これくらいならいいだろうと相手を陥れもする。

とにかくさまざまな違反をする人は
自分のことしか考えられない人であり、自分の責任も取れない。
だから、ビジネスにもその価値観は少なからず反映してくるのだ。
当然、それを見ている部下にも悪影響を与え、
それがいいビジネスに成長して行くこともないだろう。

そしてマナー違反せず真摯に仕事と向き合う人は、
遅かれ早かれいい仕事をつくり上げられる。
さらにその姿を見る部下にもいい影響を与え、成長にもつながることとなる。
結果として、プラスのサイクルに乗っていけるということになる。

やはり、マナーを守るという当たり前のことを当たり前に徹底することが、
いいビジネスの基となるということ。
人の上に立つリーダーこそ、“美しく、生きる”ことを実践するべし!
ちなみに私の座右の銘は、“美しく生きる”なのだ。

jukumain

毎朝のごみ拾いでは吸い殻も沢山拾っている

juku3

1日でこんなに拾う日もあった

juku1

早朝清掃でも沢山のポイ捨てごみがあり、それを分別して捨てている

juku2

マナーを守るという当たり前を徹底しよう!

ページTOPへ